小顔になりたい人にお勧めのボトックス|様々なアプローチが存在

製品選びは大事

女性

注射だけで効く仕組み

治療費用を節約してボトックスの小顔注射を受けるなら、廉価なボツリヌス製品を選ぶのも名案です。ただし低価格のボツリヌス製品は不純物の混入が多いと言われており、効果も値段なりになるかもしれないことを留意しておきましょう。ですからできれば、ボトックスの小顔治療を行う時は、高純度のボツリヌス製品を選ぶように気をつけたいところです。そこで選んでおくと良いのがアラガン社のボトックスビスタであり、現在ボツリヌス製品を総括してボトックスと呼んだりするのも、全てこの製品名からきています。つまりボトックスと名乗れるのは本来アラガン社の製品だけですから、治療の際は注入薬のメーカーにも気をつけてみてください。A型ボツリヌス製品は数あれど、国内の美容目的で厚生労働省の承認を受けているのはこの製品だけなので、安全性を優先する場合にもピッタリです。また、不純物が多い製品を避けた方が良い理由として、体に抗体ができやすくなる点も挙げられます。一度ボツリヌス製品に対する抵抗力が備わってしまいますと、次回に本家本元の製品を注射しても、本来の効果が出にくくなります。この治療はリピート注射で永続的な小顔も目指せますから、繰り返し治療を予定している場合はとくに気をつけたいポイントです。意のままに体を動かせるのは筋肉が動くからであり、その筋肉は脳の指令を受けて動いています。脳の指令は神経を伝って筋肉に届けられるのですが、そこで深く関与しているのがアセチルコリンという物質です。そしてボトックスは、この神経伝達物質をブロックする特別な効果を持っています。基本的に筋肉は使えば太く発達し、使わなければしぼんで細くなる性質があり、これは咀嚼に使うエラの筋肉も例外ではありません。つまり顔のエラが張る原因は骨格だけにあらず、咀嚼で使う筋肉が肥大することにもあったのです。そこで、厚みが出たエラの筋肉にボトックスを注射しますと、アセチルコリンが抑制されて筋肉が動かなくなり、使わなくなった結果、次第に細くなります。これがボトックスの小顔治療の大まかな仕組みですが、筋肉は瞬時に細くなりませんので、小顔効果はひと月程度掛けてゆっくりとピークに達するのです。それはまるで時計の短針のように、緩やかに推移するため、違和感なくエラが小さくなっていきます。1日の差が小さいこともこの小顔治療の魅力になっており、整形したことが周りの人に気づかれにくいといった嬉しい効果をもたらしてくれるのです。また一連の作用は廃用性萎縮効果と呼び、程度の差こそあれ、正しく治療すれば必ず効果が得られる仕組みにもなっています。

Copyright© 2018 小顔になりたい人にお勧めのボトックス|様々なアプローチが存在 All Rights Reserved.